赤ちゃん肌になる方法

赤ちゃん肌になる方法 正しいターンオーバーを求めて

肌の生まれ変わり=ターンオーバーが正しく繰り返され、いつも新しい肌細胞が作られているのなら、私たちの肌は赤ちゃんのようなすべすべの肌でいつまでもいられるはずです。しかし、そうではないのが現実。くすみ、吹き出物、毛穴の開き・・・など悩みはつきません。赤ちゃん肌になるための『正しいターンオーバー』はどうやったら、取り戻せるのかご紹介します。

 

赤ちゃん肌になる方法 その1 洗顔石けんを見直してみる

赤ちゃん肌になるために

正しいターンオーバーが行われていないと、肌の表面の古い角質細胞がいつまでも肌に残ることになり、肌が厚くなってきます。くすみの原因になったり、せっかくよい化粧水を使っていたとしても、中に浸透しないという事態が起こってきます。毛穴もふさがれ、ごわごわした肌の状態になってしまいます。

 

『古い角質を取り去る』『毛穴の奥まで届き、つまった汚れを取り去る』『取り去った後、潤いを残してくれる』。この3つが正しいターンオーバーに戻してくれる理想的な条件の石けんです。自分の石けんは、何か条件がかけていないか、見直してみましょう。

 

ターンオーバーを取り戻すおすすめ石けん

高級無添加オイルの美容洗顔石鹸【VCOマイルドソープトライアル】

 

赤ちゃん肌になるための洗顔石鹸

原料として使われているヴァージンココナッツオイルに注目です。この中に含まれるラウリン酸という成分はとても分子が小さく、毛穴の奥にまで入り込むことができます。表面の古い角質は、ほとんどの石けんが落とすことができますが、毛穴の奥の汚れまで確実に取り除けるのが、ラウリン酸の実力です。また、ラウリン酸が皮脂と同じ成分でできているため、洗った後も、潤いが続き、乾燥を防ぐことができます。ラウリン酸は母乳の成分でもあり、高い潤い能力を発揮します。

 

赤ちゃん肌になる方法 その2 肌の水分量をキープしよう

化粧水で外側からの水分補給は必ずしますが、水分を口から取って、体内の水分量をあげることは忘れがちです。中と外の水分量のバランスが取れて初めて、効果が表れます。しかし、一度に大量の水分をとっても、逆に、尿が出やすくなりますので、少しずつ、数回にわけて飲む方がよいです。一日2リットルを目標にしましょう。

 

赤ちゃん肌になる方法 その3 22時には就寝を

睡眠を取っていたら大丈夫!というものではなく、何時に寝ているかが重要です。赤ちゃん肌になるための睡眠のルールがあります。ターンオーバーがきちんと行われるためには、新しい細胞が生まれなければなりませんが、それには成長ホルモンの分泌が必要不可欠です。しかし、たくさんの成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムは22時から1時までのたったの3時間しかありません。しかも、食べた直後で、血糖値が上がっている状態だと、たとえゴールデンタイムでも成長ホルモンはたくさん分泌されないのです。
まとめると、成長ホルモンの分泌を促すために、22時までには寝ること。そして、寝る前の飲食は3時間前までに済ませておくことが、赤ちゃん肌のルールということになります。

 

美容洗顔石鹸

 

赤ちゃんの肌というのは、すべすべでつるつるで、非常にきめ細やかであるため、大人でも赤ちゃん肌になりたいと考えている人は少なくありません。ただ、やはり実際にはそれは難しいと諦めてしまっている人も多いでしょう。そこでここでは、赤ちゃん肌になる方法がないのか?ということについて紹介していきます。
赤ちゃん肌になるためには、いくつかのポイントがあります。まず、強い添加物を使っていないということが挙げられます。強い添加物を使っている洗顔石鹸だと、どうしても肌にダメージを与えてしまいやすく、汚れは落ちるものの肌が荒れてしまう可能性があります。
次に、しっかりと保湿を行うことです。赤ちゃん肌がつるつるですべすべなのは、保湿性能が大人の肌に比べて高いためです。それを実現できるような保湿効果の高い洗顔石鹸を利用するのがポイントとなります。
そして、ニキビなどのトラブルを解決することです。赤ちゃんの肌は代謝がよいためにトラブルが発生しにくいですが、大人ではそうは行きません。トラブルを改善する効果を持っている洗顔石鹸の利用がポイントとなります。
これらの効果を備えている洗顔石鹸が実はあります。それがVCOマイルドソープです。VCOマイルドソープは完全に無添加であるため、添加物によるダメージを心配する必要はありません。かつ、VCO(ヴァージンココナッツオイル)とヒアルロン酸を配合しているため、ダブルで保湿効果を発揮するのもポイントとなっています。それでいて高い洗浄力を発揮するために肌のトラブルを改善するのにも効果を発揮し、赤ちゃん肌になるために近道を提供してくれます。
このような効果を発揮している秘密となっているのがヴァージンココナッツオイルに含まれているラウリン酸という成分です。ラウリン酸は母乳にも多く含まれている物質で、肌に近い成分構成となっています。そのため、肌に優しく、かつ高い気泡力があるために泡立ちがよいのがポイントです。

 

参考サイト:
みかん肌を改善 | 治すポイントは石鹸の選び方にあった!
みかん肌解消のためにやってはいけない4つのポイント